2020-03

AIプログラミング

【AIプログラミング】k最近傍法について理解する

前回は、k最近傍法というアルゴリズムを使ったね。 k最近傍法というアルゴリズムがどんな動きをしているのか、見てみよう。 前回、k最近傍法プログラミングの続きです。 前回は、プログラミングをまず記載しましたので、今回は、k...
AIプログラミング

【AIプログラミング】k最近傍法で分類、アヤメのデータを分類しよう

機械学習に至るまでのデータ作成が長かったな・・・やっとAIっぽいことができそう。 やっと訓練できるね。まずはscikit-learnで実際にどんなプログラムになるか見ていこう。 前回までに、scikit-learnのアヤメデー...
AIプログラミング

機械学習用のデータ作成、Stratifyって何?分割をするときの注意点

データの分割で訓練データができた。これで機械学習のプログラムに学習ができるのかな?? もうできそうだけど、実は訓練データとテストデータの分けるポイントでもう一つ気をつけなければいけないことがあるよ。 こんな人の役に立つかも ・...
AIプログラミング

機械学習用のデータ作成、データは学習用とテスト用に分ける必要がある

アヤメのデータ構造が理解できて、どんなふうにデータが散らばっているもわかったよ。機械学習アルゴリズムでデータの分類をしてみようかな。 全部のデータを学習に使っちゃだめだよ。データの分け方を理解する必要があるね。 こんな人の役に...
AIプログラミング

scikit-learnのアヤメのデータ分析、ペアプロットで複数の特徴量の組み合わせを確認

scikit-learnのアヤメデータは、特徴量が4つあるので、散布図を作ると6通りの組み合わせができてしまう。全部を確認するのは大変だな・・・ ペアプロットという方法で一度にすべての特徴量の組み合わせの散布図が作成できるよ ...
AIプログラミング

scikit-learnのアヤメのデータを分析、散布図でデータを見る

Pandasというライブラリとmatplotlibというライブラリでアヤメのデータを散布図にして視覚的にデータの散らばりがわかるようにしたよ。 機械学習プログラミングをするまでには、データを理解する必要がありました。データ分析をして...
AIプログラミング

scikit-learnのアヤメのデータ、機械学習のプログラミングで重要なデータの観測

機械学習プログラミングの勉強をはじめて、まずはアヤメのデータの分類をしようとしてます。アヤメのデータはscikit-learnにすでに含まれているんだね。 アヤメのデータは、機械学習を始める際のいい素材だね。scikit-learn...
python

JupyterNotebookの基本的な使い方【Pythonプログラミング入門】

Pythonプログラミングで、JupyterNotebookを使い始めたけれど、少し特殊な感じがするよ。 JupyterNotebookは、ブロック単位でプログラムを実行させていける点や、Notebookというように、画像なども入れ...
AIプログラミング

【scikit-learn】Pythonで機械学習プログラミングをするためのライブラリとは?

Pythonで機械学習プログラミングをする、ということはわかるんだけど、いろいろなライブラリがあって、どれを使うのが良いかわからないよ。 scikit-learnがいいんじゃないかな Pythonでまったり機械学習の勉強をして...
AIプログラミング

Python開発環境を整えよう、人工知能プログラミングのための開発環境整備について

人工知能のプログラミングをするには、Pythonでプログラミングということはわかるんだけど、Pythonっていろいろな開発環境があるね。 おススメのAnaconda環境の紹介をしよう。 こんな人におすすめです ・Pyt...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました