【Ujam IRONとBiasFX2】UjamのIRONがとても便利

自分でギター弾くのでギター音源はいらないと思ってました。

UjamのVirtualGuitaristシリーズがセールをしていたので、IRONというハードロック、メタル系のギター音源を購入してみました。Ujamはセールが結構あるみたいですね。しばらく利用してみて、UJAMのIRONがお気に入りとなりましたので、その使用感などを記載したいと思います。

目次

IRONで作成した簡単なリフです

まずは、IRONをクリーンに設定して、BIAS FX2の「Hell Storm」プリセットをかけた音色です。最後には、LexiconのRandomHallリバーブをうっすらかけています。

設定は次のような感じです。

IRONのクリーン

この「AMP」のところで歪み方を選択できます。今回は歪みをBIAS FXで作成したので、「Clean」と設定しました。またそのほかのエフェクト系もOFFにしました。

BIAS FX2の「Hell Storm」というプリセットをかけることにしました。

BIAS FX2

参考の音

IRONのクリーンのみだと以下の感じです。

IRONのみの歪みです。

この音色は、IRONのみの設定で、「AMP」をmetalにし、DRIVEをあげています。また、Doublingをオンにしてステレオ感をあげ、DelayとReverbを追加しています。

Doublingをオンにすると簡単に広がりが与えられてとても良いです。サクッと曲を作りたいときは、デフォルトに搭載しているエフェクトを利用すると効率アップです。

個人的には、BIAS FX2に通して歪みをつける方が好みです。そのため、ディレイやリバーブなども外のプラグインでかけるというこだわりがあります。

ギターを弾く方ですと、IRONの刻みは、少し機械的すぎる、と感じるかもしれません。

BIAS FX2についてはこちらの記事もご参考ください。

ぱんだクリップ
【Bias FX 2の購入レビュー】GuitarRig5との比較し検討した過程 | ぱんだクリップ GuitarRig5だとなんだか満足できない自分がいるんだよね。 BiasFX2で無料のLiteEditionダウンロードできるみたいだよ。 KemperとかUADとかあまりお金かけられないからそれ...

UJAMのIRONのみの歪みで作成した曲

BIAS FX2を利用していない、IRONのみで音作りをした時のバッキングです。

設定は次のようにしています。IRONのAMPは個人的にMetalよりもCrunchが好みです。

DAWではIRONを左右にPANしてダブリングしています。

IRONのみのバッキング

バッキングは、AudioStockの音素材の一部を再加工しました。IRONにEQをかけてリバーブを足した曲は次の音素材と販売しています。(宣伝^^;)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる