WindowsでgithubにJUCEプロジェクトを共有

windowsからgithunにJUCEのゲインプラグインプログラムを共有しました。

GitHubリモートへのPUSH手順としても一般的だね

windowsでGitHubのリモートリポジトリにJUCEのゲインプラグインチュートリアルのプログラムを共有しましたので、Gitのwindowsの使い方も含めて、備忘録に残します。

gitについて、よくわからないという方は以前の記事であるこちらもご参考にしていただけるとありがたいです。「gitの概要」がより理解が進む内容となっているかと思います。

ぱんだクリップ
Webアプリ開発、Herokuへデプロイするためのgit | ぱんだクリップ Flaskのアプリの公開方法が知りたくて、Herokuというサービスが試すにちょうど良さそうでした。 Herokuに公開するためにはGITの知識が必要みたい flaskのクイックチュート...

※今回は、JUCEプログラミングの要素はありませんのでその点ご了承くださいm__m

こんな人の役に立つかも

・GitHubにJuceプロジェクトを共有したい

・GitHubリモートリポジトリへのPUSH手順が簡単に知りたい

・JUCEプログラミングのゲインプラグインのプログラムサンプルを探している人

目次

インストール~ユーザー登録

windowsにgitコマンドをインストールします。

※インストーラでは基本的にデフォルトの状態でNextを押し続けてインストールをおこないました。

あわせて読みたい
Git

右側の「latest source Release」から最新版のインストーラを入手して実行し、インストールします。

コマンドプロンプトで以下のコマンドを入れ、gitがインストールされていることを確認します。

>git --version

ユーザー名とメールアドレスを以下のコマンドで登録します。このユーザー名とメールアドレスは、このマシンからのユーザーであるということがわかる程度のものなので、結構適当につけました。

> git config --global user.name "任意のユーザー名"
> git config --global user.email "任意のメールアドレス"

リモートリポジトリの準備

GitHubにてリモートリポジトリを準備しておきます。GitHubの「New repository」からリポジトリの名前を付けます。他に名称が重複していないかチェックされます。公開したくない場合は「Private」を選択します。

次のように、リモートリポジトリのURLが得られます。

gitで無視するファイルを指定

gitでリモートリポジトリにPUSHする際、不必要なフォルダやファイルは「.gitignore」ファイルで除外しておきます。

まずは、隠しファイルとして「.gitignore」という名称のファイルを作成します。

隠しファイルがエクスプローラに表示されるようにするには以下のように表示タブから「隠しファイル」にチェックを入れておきます。

次のコマンドで、「.gitignore」ファイルを作成します。(あらかじめgithubにPUSHしたいプロジェクトフォルダに移動をしておきます。)

>cd JuceDev
>copy nul .gitignore

コマンドについては、以下のサイトを参考にさせていただきました。(ターミナルでいうtouchのwindowsバージョン)

softelメモ
【Windows】空のファイルを作成する(Linuxで言うtouch) at softelメモ 問題 Linuxのtouchみたいに、Windowsで空のファイルを作りたい。 答え Linuxで言う /dev/null に相当するものが、Windowsでは nul らしく、以下のコマンドで、空のファイル...

「.gitignore」では、次のようにビルドの階層を除外しました。JUCEプログラムのソースコードを共有する、という目的では、「Source」フォルダのみでOKな気もしますが、一応、「.jucer」ファイルや「JuceLibraruCode」も含めることにしました。除外するフォルダは「Builds」のみとしています。

Builds

Gitリポジトリを設定

次のようにinitコマンドでローカルリポジトリを作成しました。

>git init

ローカルリポジトリは、次のように「.git」で表示される隠しファイルとなります。

次に、リモートリポジトリを設定します。先ほどGitHub上に設定したリモートリポジトリのURLも利用します。

>git remote add origin <コピーしたGitHubのリポジトリURL>

addを行い、commitを行います。フォルダ全体に含まれる全てのファイルを「add」したいので、次のようなaddコマンドを実行します。

>git add .

そして、コメントを入れて「commit」します。

>git commit -m "Juce programming tutorial gain plugin"

そして、最後にリモートリポジトリであるgithubにPUSHします。

>git push origin master

ブラウザにて認証が求められますので、ブラウザでオーソライズを行います。

またひとつ、芝を青くしてしまった・・・

プログラムをローカルにダウンロード

今回作成したJUCEチュートリアルのVST3プラグイン、「GainPlugin」は、以下のリポジトリからcloneすることで取得できます。

>git clone https://github.com/perfectpanda-works/juce_gain_plugin.git

または、GitHubよりzip形式でダウンロードできますので、ご参考になれば幸いです。

GitHub
GitHub - perfectpanda-works/juce_gain_plugin: tutorial vst plugin of JUCE programming tutorial vst plugin of JUCE programming. Contribute to perfectpanda-works/juce_gain_plugin development by creating an account on GitHub.
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる