このチュートリアルで学ぶこと

①データを読み込み、適切な変換を行う

②TensorBoardを設定

③TensorBoardに書き込み

④TensorBoardを使用してモデルアーキテクチャを検査

⑤TensorBoardを使用して、視覚化のインタラクティブバージョンをより少ないプログラムで実装します(意味がよくわからないのですが、次の文章の内容を詳細に可視化できるようです。)

⑤について特に、以下の内容をみていきます。

・訓練データを確認するいくつかの方法

・訓練中にモデルのパフォーマンスを追跡する方法

・訓練されたモデルのパフォーマンスを評価する方法

このチュートリアルは、「60 Minute Blitz」の「CIFAR-10」チュートリアルを基本としています。これから実装するプログラムは「CIFAR-10」チュートリアルのプログラムに類似したプログラムから始めます。

本ブログでも「CIFAR-10」のチュートリアルを次の記事からやっていますので、ご参照ください。