Logic Pro Xのすべてのトラック書き出し時に付与される「_1」を楽に削除する

パンダさん

Logic、トラックの書き出して_1が入るの、そろそろ楽に処理したいです。

コパンダ

Macの機能を使ってもっと楽にしてみよう〜

Logic Pro X(私のバージョンは少し古く、10.4.6です)の「すべてのトラックをオーディオファイルに書き出し」を行うと、トラック名のみとしたいのに、自動的に「_1」が付加されてしまいます。しかも、さらに面倒な点としては、例えば、track_1とtrack_2を書き出すと、自動的にtrack_3、track_4という名称になってしまうので、アンダーバー+数値という命名をすると後からどのトラックだったか、混乱の元になります。なので、「_A」とか「_B」とかにするようにしています。

そして、書き出した後に_1がついてしまうので、それを手作業で消すのは毎回とても面倒なので、そろそろ何かしらの対策をしようと思いました。

フリーのファイル名変更ソフトを利用したくないので、何かしら自分の環境の中でできるような手法を考えていました。

MacにはAutomatorという機能があり、作業のマクロのようなものを組むことができますので、この機能を使って、Logicのパラトラック書き出しの際に付加される「_1」を削除していきます。

目次

こんな人の役に立つかも

・LogicProXでトラック書き出しに「_1」が追加されるのに困っている方

・上記で、フリーソフトを入れずに解決したい方

こんな機能を作成しました

作成した機能の紹介

AudioTracksというフォルダにパラのトラックとして書き出した様子です。

オーディオファイルを全選択して、右クリックをすると、「_1の削除」というメニューが出て、これをクリックします。

このような感じで、一括で_1を削除することができます。

注意事項

このマクロは、機械的に「_1」を削除します。

そのため、あらかじめトラック名にアンダーバー+数字という命名規則を利用しないという前提があります。Logicでは、トラックを書き出す際に、トラック名にアンダーバー+数字があると、前述の通り、数字が加算されてしまうような規則があります。

track_1とtrack_2を書き出すとtrack_3、track_4となります。こうなった場合、_1を消すという動作が合わないものになってしまいます。

そのため、track_Aとtrack_Bとするなど、トラックの命名規則に「アンダーバー+数字」を利用しないという前提が必要になります。

機能の作成方法

Automatorを起動します。

アプリケーションフォルダの「Automator」を実行します。

クイックアクションという種類を選択します。

ファイルとフォルダから、「Finder項目の名前を変更」を以下の場所にドラッグアンドドロップします。

以下のダイアログで、追加を押します。

次のようなワークフローができますので、一番上の「Finder項目をコピー」は「×」ボタンで削除します。

「Finder項目の名前を変更:テキストを置き換える」を以下の設定にします。

検索文字列が「_1」、置換文字列は何もなしにします。

コマンド+Sで保存します。操作の名称をつける必要があるので、以下のように名前をつけて保存します。

これで、Finderで右クリックをすると、このように_1の削除という操作が追加されます。

作成した機能の削除

このように作成したマクロですが、削除する方法も手順が必要です。

削除する方法は、以下のサイトを参考にさせていただきました。

https://takaslife.com/2013/04/22/automator-delete/

システム環境設定のキーボード、キーボードショートカットで作成したマクロを管理することができます。そして、処理名を右クリックすると、Finderで表示することもできます。

Finderで表示すると、このように、ユーザー、のライブラリ、Services階層に格納されています。

ここに存在する任意のマクロをゴミ箱に移して削除することで、右クリックの一覧からも無くなります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる