【Flask】Webアプリケーション開発の準備、Python仮想環境とデバッグ用Webサーバー

1_プログラミング

パソコンを立ち上げて、flaskの開発を行う前に行う準備をまとめたページとなります。

flaskの開発環境はインストールされていることが前提となっています。インストール等につきましては、以下のページを参照ください。

スポンサーリンク

macで準備

macの準備の手順としては、以下の通りとなります。

①プロジェクト階層へ移動
/Python/myproject/としています。

②仮想環境を起動
venvという名前の仮想環境とします。

$ cd Python/myproject
$ . /venv/bin/activate

これで、ターミナルに仮想環境名(venv)がつきます。ここからは仮想環境のPython環境を利用することができます。

③サーバーで立ち上げるPythonプログラムの指定
FLASK_APP環境変数に書き込みを行います。

④サーバーのデバッグモード指定
FLASK_ENV環境変数に書き込みを行います。

⑤サーバーを立ち上げます。

$ export FLASK_APP=hello.py
$ export FLASK_ENV=development
$ flask run

Windowsで準備

windowsの準備の手順としては、以下の通りとなります。

①プロジェクト階層へ移動
「C:¥Users¥任意¥Python¥myproject」としています。

②仮想環境を起動
venvという名前の仮想環境とします。

> cd Python¥myproject
> venv¥Scripts¥activate

③サーバーで立ち上げるPythonプログラムの指定
FLASK_APP環境変数に書き込みを行います。setというコマンドで書き込みを行います。

④サーバーのデバッグモード指定
FLASK_ENV環境変数に書き込みを行います。setというコマンドで書き込みを行います。

⑤サーバーを立ち上げます。

> set FLASK_APP=hello.py
> set FLASK_ENV=development
> flask run
タイトルとURLをコピーしました