リモートデスクトップの接続先を削除する

4_雑記

AWSでリモート接続すると、どんどんリモートデスクトップの接続先が増えていっちゃう・・・

レジストリエディタで削除できるよ

スポンサーリンク

概要

AWSでEC2サーバーを作成し、立ち上げ停止するたびにグローバルIPが変更となるため、毎回違う接続先としてリモートデスクトップに登録されてしまいます。一度しか使用しない接続先がどんどんと増えていって、AWS以外のサーバーに接続したいときに、一覧がずらっとたくさんあると結構混乱しました^^;

普通には、削除できないみたいで、リモートデスクトップの接続先一覧を削除する備忘録となります。

レジストリエディターを開く

アシスタントのテキスト入力に「regedit」と打つと、「レジストリ エディター」というアプリが出てくる。

よく使う場合は、アプリを右クリック、「タスクバーに追加」をしておくと画面下に並べられて便利。

※ここから先は、レジストリを操作しますので、それぞれの責任で操作を行ってください。

レジストリエディターでの操作

パスの入力部分に、「コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Terminal Server Client\Default」と入力。

レジストリエディターの右欄に接続先の一覧が表示されるので、不要なものを選択、右クリック、削除する。

AWSのEC2サーバー接続先は、ec2-から始まる接続先なので、これをすべて削除しました。

これで、いつも使うVPSへの接続先の選択がしやすくなりました。すっきり。

すごいすっきりしたよ・・・

参考にさせていただいた記事

Windows10でリモートデスクトップで、コンピュータ一覧の履歴を削除する
Windows10でリモートデスクトップで、コンピュータ一覧からの履歴を削除する方法です。 レジストリに登録さ…
タイトルとURLをコピーしました