Truffleとは?macにTruffleをインストールする

Truffleをインストールする時、いろいろ下準備をしましたので、メモします。

Truffleとは

イーサリアムのコントラクトを開発するための統合開発フレームワークです。

TruffleにはGUIはなく、基本的にターミナルで操作することになります。

プロジェクトの作成も、プロジェクトフォルダをmkdirして、プロジェクトフォルダ内にcdし、

truffleコマンドで操作みたいな流れになります。

Truffleを利用することで、

・コントラクトに関するファイルをプロジェクトフォルダで一元管理できる

・truffle develop環境が便利(トランザクションが一瞬でブロックに組み込まれるなど)

・各種ネットワークへのデプロイも設定をファイルに記述して簡単に変更できる

などのメリットがあるかと思います。

インストールの手順

①homebrewをインストール

macOSのパッケージ管理ソフトでnodebrewコマンドを使用できるようにします。

homebrew公式サイトの「このスクリプトをターミナルに貼り付け実行」コマンドをターミナルで実行

公式サイト:↓

ダウンロードには5分程度かかると思いますので、コーヒーでも飲んで待ちましょう。

brewコマンドが使えるようになりました。

念のため、

which brew

でコマンドの実行ファイルパスを確認しましょう。

②npmをインストール

Node.jsのパッケージ管理ソフトで、truffleのインストールができるコマンドです。

brew install npm

Xcodeというソフトが古い場合、↓のようなエラーが出ます。

Error: Your Xcode (7.3.1) is too outdated.
Please update to Xcode 9.2 (or delete it).
Xcode can be updated from the App Store.

Xcodeを最新にするか、Xcodeを削除してから実行しましょう。私はOSを最新のものにしていないため、最新がインストールできませんでしたので、削除しました^^;

この辺りは個人により対応が変わると思います。

npmコマンドが使えるようになりました。

which npm

でコマンドのパスを確認しましょう。

または、

npm -v

でnpmのバージョンが表示されれば使える状態です。

③Truffleのインストール

npmコマンドでTruffleフレームワークをインストールしていきます。

以下のコマンドを実行します。

npm install -g truffle

念のため、

which truffle

でコマンドの実行ファイルのパスを確認しておきましょう。

パスが返ってきたらコマンドが使用できる状態です。

truffleのインストールができたら、ERC20のトークンを作成してみましょう。

truffleでERC20トークンを作成する記事は以下

 

◆オススメの書籍

ブロックチェーンの概要、スマートコントラクトの概要から、ビットコイン、イーサリアムの違い、イーサリアムのコントラクトを実装するための開発環境構築など、ブロックチェーンアプリケーションの入門にはもってこいの書籍です。