openzeppelin-solidityとフレームワーク名が変わっていた件について

TruffleフレームワークでOpenZeppelinを使用してERC20トークンを作成したときに、ちょっとつまづいた部分のメモです。

ちなみに、私のレベルは初めてERC20トークンをtruffleで発行するレベルです、当たり前なことかもしれませんが、ご了承くださいm()m

①フレームワーク名が更新されていた件

zeppelin-solidityがopenzeppelin-solidityとなっていた。

もちろん、インストールの時に、

npm install openzeppelin-solidity

としてインストールしました。

インストール階層は、プロジェクトフォルダ->node_modulesにopenzeppelin-solidityとしてインストールされました。

②importの階層が変わる

フレームワーク名の変更とともに、本やWebでみかける

import zeppelin-solidity/contracts/token/StandardToken.sol

import openzeppelin-solidity/contracts/token/ERC20/StandardToken.sol

に変更になりました。

他のサイトや書籍にはERC20がなかったので、最近変更されたのかな?ここは調べてませんが^^;

③migrate時にtotalSupplyでエラーがでる件

私が参照していたサンプルコードには「totalSupply」という変数名なのですが、マイグレーション時にエラーになるので、BasicToken.solをみてみたら、「totalSupply_」となっていました。変数をこっちに変更したら、正常に動作しています。

もし、これからERC20トークン作成に取り組む、という方に役立てばと思います。