Paypalでクレジットカードが登録できなかった時の対応

概要

海外のサイトでソフトウェア等を購入するとき、今までは基本クレジットカードで決済していました。しかし、Paypalでしか決済できないサイトがあり、Paypalの導入をしました。

Paypalにクレジットや銀行口座を登録して支払いを行うことで、銀行情報や、クレジット情報を海外のサイトや、決済システムに直接データ送信をせずにPaypalが代行してくれるので、セキュリティ的にもより安心になり、決済情報もPaypalに集約されるというメリットがあるのかと思います。

Paypalアカウントを作成して、楽天カードを利用したかったので、カード情報を登録から登録しようとしましたが

登録しようとしたクレジットカードが他のアカウントに既に登録されているため、他のアカウントから削除してから登録してください

というようなエラーとなりました。

Paypalのアカウントを以前に作成したことがなかったのか、忘れているのか、とりあえず前のアカウントがわからない状況でした。

問い合わせ

サポートサイトでメッセージでの問い合わせを行ったところ、一度電話をしてくれ、というようなメッセージが来ました。

トップメニューのヘルプ > 右下の吹き出しのお問い合わせ > 右下の電話で問い合わせる

で電話番号が出てきました。階層ふかいです^^;

ちなみに、電話対応時間は、月~金の9:00~18:00とのことです。

解決

電話でのサポートは、ほぼ自動化されていて、大抵のお問い合わせは、メニュー選択で解決されるようになっていたので、オペレーターにつながらないようなパターンが多いので、基本的に「その他の場合は・・・」というものを選択したら、オペレータにつないでくれました。

オペレータの方はとても丁寧な対応をしてくれました。

結局、「他のアカウントに結び付いていて、クレジットカードが登録できない」というエラーは、日本語の場合、「Paypalのセキュリティでクレジットカード登録がブロックされている」場合にもでるらしいです。

オペレータの方がセキュリティを一時的に解除して、その場でクレジットカード登録作業をアカウント内で行うことで、無事クレジットカードが登録できました。

Paypalのクレジットカードが登録できない人は、一度サポートセンターに問い合わせてみるとよいと思います。

↓Paypalログイン

https://www.paypal.com/jp/home